よくあるご質問

Q.ロイヤリティーフリーについて教えてください。

事前に取り決められた使用許諾範囲内であれば、知的所有権に関する追加の使用料(ロイヤリティー)の発生が免除されている著作物や技術のことをいいます。
※ロイヤリティーフリーと“フリー素材”(0円の無料素材)とは意味が違いますのでご注意ください。

一覧へ戻る▲

Q.利用料金・利用制限・加工について教えてください。

ご利用料金ならびに利用制限・加工については以下の通りです。

  • ・京都写真アーカイブの画像はすべてロイヤリティーフリーです。一度ご購入いただいたコンテンツは、無期限に何度でもお使いいただけます。
  • ・二次使用の際にも料金の追加はありません。
  • ・トリミング・合成・文字入れや、色の加工等ご自由に行っていただけます。
  • ・また、クレジットを入れる必要はありません。

一覧へ戻る▲

Q.使用履歴を教えてください。

ご使用履歴については以下の通りです。

  • ・ロイヤリティーフリーでは使用内容の詳細を報告する必要はありません。事務局では、使用履歴を管理していないため、提供できかねます。
  • ・素材自体の著作権は放棄していませんので、著作権自体は京都写真アーカイブが保有しています。
  • ・出版物等に利用される場合は、規約の範囲内での“利用権”ということになります。

一覧へ戻る▲

Q.禁止用途ではどのような禁止事項がありますか?

禁止用途については以下の通りです。

  • ・コンテンツを加工・編集無しの利用(ただし、トリミング・合成・文字入れや、色の加工はご自由に行っていただけます)はできません。
  • ・コンテンツをCI(コーポレート・アイデンティティ)やロゴマーク、マスコットとして利用することはできません。
  • ・コンテンツを利用した作品を、コンテスト等で発表することはできません。
  • ・コンテンツの再配布はできません。 ⇒利用可能・禁止項目一覧

一覧へ戻る▲

Q.プロパティリリース、モデルリリースとは何ですか?

モデルリリースとは写真に写っている被写体の中に、個人が特定できる人物が含まれている場合、肖像権を持つ被写体に対して写真の使用を同意してもらう「肖像権使用許諾書」のことです。また、プロパティーリリースとは、個人・法人が所有・管理、あるいは権利を保有する被写体(建物・敷地や、ペット、アート作品など)が含まれる場合、その被写体の所有者に写真の使用を同意してもらう「知的所有権(知的財産権)使用許諾書」のことです。

※寺院や施設についての写真につきましては、利用について事前に対象施設に確認が必要になることがございます。必ず各商品ページのプロパティリリース、モデルリリースの情報欄をご確認ください。ご不明な点は直接、対象の施設にご確認ください。

一覧へ戻る▲

Q.再配布とは?

再配布とは、写真を直接的な商品として扱い配布することをさします。

Q.再配布にあたるもの、あたらないものを教えてください。

再配布にあたるものとしては以下の通りです。

  • ・写真でカレンダーを作り販売する
  • ・壁紙素材としてWEB上で無料公開する
  • ・写真を印刷したグッズ(マグカップ・ポストカード・カレンダー・パズルなど)を販売する

再配布にあたらないものとしては以下の通りです。

  • ・雑誌のカットとして写真を使う
  • ・個人の年賀状を印刷する(会社での年賀状は商用となります)
  • ・写真をホームページのデザインに使用し公開する
  • ・個人blogのテンプレートとして使う(切り抜き・縮小加工などの加工をしてください)

利用可能・禁止項目一覧

一覧へ戻る▲

Q.購入した画像についてクレジットを入れる必要がありますか?

クレジットを入れる必要はございません。ご利用規約の範囲であればご自由にお使いいただけます。

一覧へ戻る▲

Q.利用規約以外の利用契約を結ぶことはできますか?

利用規約以外の契約・書面の提出はできません。申し訳ありませんが、ご了承ください。

一覧へ戻る▲

Q.領収証の発行は可能ですか?

領収証(領収書)をご希望の方は、ご購入の際、備考欄に「領収書希望」とご記入ください。後日、郵送いたします。
クレジットカードのご決済分につきましても発行可能です。

一覧へ戻る▲

Q.お見積書・ご請求書・納品書等は発行してもらえますか?

お見積書・ご請求書は原則発行することができません。ご了承ください。また、納品書をご希望の場合はお問い合わせください。

一覧へ戻る▲

Q.京都写真アーカイブの写真が掲載されているカタログはありますか?

京都写真アーカイブはストックフォトサイトのため、カタログはございません。WEB上で表示されているものが全ての在庫となります。

一覧へ戻る▲

Q.京都写真アーカイブの写真利用可能・禁止項目一覧

京都写真アーカイブの写真利用可能な用途
  • ●商品パッケージやラベルのデザインの一部として利用
  • ●企画書やプレゼンテーション資料
  • ●メディア・デジタルコンテンツ
    • ・企業用ホームページ、WEBサイト、ECサイト、動画内コンテンツ用デザイン
    • ・TVなどの放送事業(アナログ、デジタル放送、動画放送) 番組(ビデオ化、再放送含む)
    • ・新聞記事
    • ・雑誌 表紙、記事、漫画背景
    • ・書籍・ムック 表紙、記事
    • ・フリーペーパー 表紙、記事
    • ・音楽製品パッケージ、ブックレット、CD中
    • ・ゲームソフト、携帯アプリ、パッケージ、マニュアル、ゲーム中
    • ・CD-ROMパッケージ、マニュアル、CD-ROM中
    • ・ビデオ パッケージ、ビデオ中
    • ・商業映画 劇中(ビデオ化 含む)
  • ●企業活動・告知・広告
    • ・無料配付物、パンフレット、カタログ、リーフレット、DM、チラシプレミアム、メニュー、POP、垂れ幕、ポスター、会報誌、取扱説明書等
    • ・展示会用ディスプレイ、サインマップ、ピクトグラフ・看板、デジタルサイネージ、街頭ビジョン
    • ・TVなどの放送事業(アナログ、デジタル放送、動画放送) CM、コマーシャル(再放送含む)
    • ・新聞広告
    • ・雑誌広告
    • ・書籍・ムックの広告
    • ・フリーペーパーの広告
    • ・企業用ホームページ・WEBサイト、ECサイト 広告(バナー)
    • ・施設・交通広告(公共、非公共)車内吊り広告
  • ●教材用 資料、図版
  • ●無料配布のカレンダー
  • ●個人のホームページ blogやSNSでプロフィール等の画像として利用等
  • ●年賀状、クリスマスカードなどの個人的な印刷物
  • ●その他の個人利用
京都写真アーカイブの写真利用不可能な用途
  • ●販売用製品(商品化)に利用 (写真をトレースすることや、組み合わせてのご利用の際も商品化利用となります)
    • ・販売目的のカレンダー、ポスター等
    • ・ジグソーパズル、トレーディングカード等
    • ・マグカップ等の食器
    • ・ポストカード、名刺(個人利用を除く)
    • ・写真集、写真集同等のコンテンツ
    • ・文房具 便せん、ノート、ラッピング、シール、手帳、シャープペン、ペーパーバッグ、バッジ等
    • ・携帯電話やの待ち受け画面、写真集としての携帯アプリの販売
    • ・装飾品、電化製品(販売時に製品にあらかじめ設定された携帯電話の待ち受け画面、コンピュータのデスクトップの壁紙等を含む)、什器、カバン等
  • ●企業活動・告知・広告
    • ・無料配付物、パンフレット、 カタログ、リーフレット、DM、チラシプレミアム、メニュー、POP、垂れ幕、ポスター、会報誌、取扱説明書等
    • ・展示会用 ディスプレイ、サインマップ、ピクトグラフ・看板、デジタルサイネージ、街頭ビジョン
    • ・TVなどの放送事業(アナログ、デジタル放送、動画放送) CM、コマーシャル(再放送含む)
    • ・新聞広告
    • ・雑誌広告
    • ・書籍・ムックの広告
    • ・フリーペーパーの広告
    • ・企業用ホームページ・WEBサイト、ECサイト 広告(バナー)
    • ・施設・交通広告(公共、非公共) 車内吊り広告
  • ●再配布
    • ・blogテンプレート、システムテンプレートとしての再配布
    • ・ハガキ、名刺等、テンプレートデザインとしての再配布
  • ●テキスタイル Tシャツなどの衣類等
  • ●写真素材としての再配布、販売
  • ●ロゴマーク、CI、商標などでの利用
  • ●アダルトサイトでの利用
  • ●年齢制限販売をするような雑誌・同人誌・ゲームソフトその他媒体での利用
  • ●作品としてコンテストなどに出品するアート作品としての利用
  • ●画像そのものの再販、再配布
  • ●公序良俗に反する利用用途
  • ●画像利用権は、譲渡できません

ページトップ▲