伝統工芸 用の美

芸艸堂(うんそうどう)

UNSODO

現在日本で唯一の手摺木版和装本の出版社です。

その昔、カラー印刷技術が発明される以前、書物のカラー図版
は石版画や手彩をほどこした銅版、そして多色摺の木版で創ら
れていました。日本では、特に浮世絵版画の流れをくむ職人達
ちによる木版技術が進歩し、明治から昭和初期にかけて、多色
摺木版の美しい書物が数多く刊行されました。
当社は彫、摺から紙漉、製本まで,手仕事による鑑賞用木版画
木版本を製作しています。

沿革

1891
明治24年 木版摺技法による美術書出版社として京都寺町にて創業。
雪舞台額付ー加藤晃秀 木版画 Teruhide Katoー

買い物かごに入れる

作品:雪舞台額付ー加藤晃秀 木版画 Teruhide Katoー

価格:32,400(税込)

■額 − タテ 56.5 x ヨコ 35.5 cm ■絵 − タテ 42.0 x ヨコ 21.0 cm
■用紙 越前生漉奉書 ■額 − 縁:木製  前面:アクリル
カテゴリ: 木版画

加藤晃秀先生は1936年京都市生まれ。京都美術大学日本画科卒業後、デザイン工房を設立し、各種工芸品企画に参画する一方、独特のタッチの“粋画”を創案されました。ニューヨークなどの各地で個展を開催し、海外からも注目を集めています。白と黒を基調にした大胆な構図で古都の風情を描き、木版画で再現いたしました。画面下に作家自身のサイン入り。
Teruhide Kato, born 1936
Teruhide Kato had studied at Kyoto Art College. He was a famous kimono fashion designer. When he was 50 years old, he decided to follow his real passion, and became a traditional Kyoto woodblock artist. Success remained with the artist. After a gallery exhibition in New York and a book publication of his works titled "Kyoto Romance" he is as famous as a woodblock artist as he used to be as a kimono designer.
■The prints are made from the original woodblocks.
■These are all artist's handwriting signature entirely.

ホームに戻る