伝統工芸 用の美

芸艸堂(うんそうどう)

UNSODO

現在日本で唯一の手摺木版和装本の出版社です。

その昔、カラー印刷技術が発明される以前、書物のカラー図版
は石版画や手彩をほどこした銅版、そして多色摺の木版で創ら
れていました。日本では、特に浮世絵版画の流れをくむ職人達
ちによる木版技術が進歩し、明治から昭和初期にかけて、多色
摺木版の美しい書物が数多く刊行されました。
当社は彫、摺から紙漉、製本まで,手仕事による鑑賞用木版画
木版本を製作しています。

沿革

1891
明治24年 木版摺技法による美術書出版社として京都寺町にて創業。
日本伝統工芸 鑑賞の手引 公益社団法人日本工芸会 編

買い物かごに入れる

作品:日本伝統工芸 鑑賞の手引 公益社団法人日本工芸会 編

価格:2,592(税込)

定価¥2,100に送料¥400が含まれます。
書籍小包での発送となります。
カテゴリ: 美術書

陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸作品の鑑賞に
欠かせないポイントを解説

【ISBN】 978-4-7538-0187-9
【著者】 公益社団法人日本工芸会 編
【価格】 定価2,100円 (本体2,000円+税)
【仕様】 A5判/142頁
【分類】 美術


多くの人々に伝統工芸を一層理解して親しんでもらうため、伝統工芸特有の難し
い言葉や技術を判りやすく説明し、各部門の代表的な作品の見所や伝統技術に
裏付けられた作家の表現や主題等を解説しています。

代表作約200点をオールカラーで紹介するハンディな鑑賞の手引き。

ホームに戻る