伝統工芸 用の美

芸艸堂(うんそうどう)

UNSODO

現在日本で唯一の手摺木版和装本の出版社です。

その昔、カラー印刷技術が発明される以前、書物のカラー図版
は石版画や手彩をほどこした銅版、そして多色摺の木版で創ら
れていました。日本では、特に浮世絵版画の流れをくむ職人達
ちによる木版技術が進歩し、明治から昭和初期にかけて、多色
摺木版の美しい書物が数多く刊行されました。
当社は彫、摺から紙漉、製本まで,手仕事による鑑賞用木版画
木版本を製作しています。

沿革

1891
明治24年 木版摺技法による美術書出版社として京都寺町にて創業。
小鹿田焼(おんたやき)

買い物かごに入れる

作品:小鹿田焼(おんたやき)

価格:3,672(税込)

本体¥3,150に送料¥400が含まれます。
書籍小包での発送となります。
カテゴリ: 美術書

すこやかな民陶の美

【ISBN】 978-4-7538-0264-7
【著者】 長田明彦、他 著
【価格】 定価3,150円 (本体3,000円+税)
【仕様】 A4判変型/126頁/ソフトカバー/カラージャケット装
【分類】 美術・工芸/作品集

民芸運動の祖・柳宗悦や英人陶芸家リーチとの関係も深く「飛び鉋」や
「打ち刷毛目」等の 独特の装飾で人気の高い小鹿田焼の全容を、原地
新撮の代表作品や作陶工程の魅力あふれる豊富なカラー写真で紹介。

ホームに戻る