伝統工芸 用の美

芸艸堂(うんそうどう)

UNSODO

現在日本で唯一の手摺木版和装本の出版社です。

その昔、カラー印刷技術が発明される以前、書物のカラー図版
は石版画や手彩をほどこした銅版、そして多色摺の木版で創ら
れていました。日本では、特に浮世絵版画の流れをくむ職人達
ちによる木版技術が進歩し、明治から昭和初期にかけて、多色
摺木版の美しい書物が数多く刊行されました。
当社は彫、摺から紙漉、製本まで,手仕事による鑑賞用木版画
木版本を製作しています。

沿革

1891
明治24年 木版摺技法による美術書出版社として京都寺町にて創業。
加藤東一(かとう とういち)鵜 木版画

買い物かごに入れる

作品:限定加藤東一(かとう とういち)鵜 木版画

価格:64,800(税込)

■限定200部(落款・限定番号入り)■画寸333ミリ×242ミリ 額寸560ミリ×440ミリ(限定番号入シール貼付)
■用紙 越前生漉奉書(人間国宝 岩野市兵衛漉元)
■本品はシートのみの価格となっております。額装を希望される場合、デッサン額を合わせてご注文をお願いいたします。
シート(本体¥60,000) 額(本体¥20,000)
カテゴリ: 木版画

現代作家日本画・洋画の先生たちのデッサン画を最高の彫・摺のスタッフで木版で再現

加藤東一(かとう とういち)1916年~1996年
岐阜県出身。加藤栄三の弟。山口蓬春(ほうしゅん) に師事。
昭和22年日展に初入選,45年「残照の浜」が内閣総理大臣賞受賞。

ホームに戻る