京都の酒蔵

豊かな地下水に恵まれた京都では、まろやかな美味しい酒が造られてきました。今も京都には伝統の酒造りを守る老舗の酒蔵が数多くあります。名水をふんだんに使い、丁寧に仕込んだ各酒蔵自慢の銘酒を老舗モールが自信を持ってお届けします。

種類 特定名称 使用原料 精米歩合 麹米使用割合 香味などの要件
吟醸酒 吟醸酒 米、米麹、醸造アルコール 60%以下 15%以上 吟醸造り
固有の香味、色沢が良好
大吟醸酒 米、米麹、醸造アルコール 50%以下 醸造造り
固有の香味、色沢が特に良好
純米酒 純米酒 米、米麹 ----- 香味、色沢が良好
純米吟醸酒 米、米麹 60%以下 吟醸造り
固有の香味、色沢が良好
純米大吟醸酒 米、米麹 50%以下 吟醸造り
固有の香味、色沢が特に良好
特別純米酒 米、米麹 60%以下
または特別な製造方法
(要説明表示)
香味、色沢が特に良好
本醸造酒 本醸造酒 米、米麹、醸造アルコール 70%以下 香味、色沢が良好
特別本醸造酒 米、米麹、醸造アルコール 60%以下
または特別な製造方法
(要説明表示)
香味、色沢が特に良好
  • 精米歩合とは
    米のイメージ

    白米の玄米に対する重量の割合を言います。精米歩合60%というときには、玄米の表層部を40%削り取ることをいいます。 米の胚芽や表層部に含まれる、たんぱく質、脂肪、灰分、ビタミンなどの成分は、多すぎると清酒の香りや味を悪くしてしまいます。 米を原料として使うときは、精米歩合を低くしてお米の中心に近い部分を使うほうが、雑味のない清酒が出来るといわれます。

  • 日本酒度とは

    甘辛度の判断の目安にされています。水と同じ比重を0として、重いものをマイナス(-)、軽いものをプラス(+)と表現します。 糖分が多いと比重も重くなります。そのため、マイナス数値が大きいほど甘口、プラス数値が大きいほど辛口となります。 ただ、甘さ辛さは酸度にも影響されるので、そのバランスによって微妙に異なります。

  • 麹米(こうじまい)とは

    米麹の製造に使用する白米をいいます。なお特定名称の清酒は、麹米の使用割合(白米の重量に対する麹米の重量の割合)が15%以上のものに限られています。

  • 吟醸造りとは

    よりよく精米した白米を低温でゆっくり発酵させ、かすの割合を高くして特有の芳香(吟醸香)を有するように醸造することを言います。

ページの先頭へ