京都の酒蔵

豊かな地下水に恵まれた京都では、まろやかな美味しい酒が造られてきました。今も京都には伝統の酒造りを守る老舗の酒蔵が数多くあります。名水をふんだんに使い、丁寧に仕込んだ各酒蔵自慢の銘酒を老舗モールが自信を持ってお届けします。

  • 歴史
    伏見の酒蔵

    京都の酒どころといえば「伏見(ふしみ)」。
    万葉の昔から水が豊かな地として知られ、「伏水」とも記されるほど良質の伏流水に恵まれていました。豊臣秀吉によって伏見城の城下町として整備され、江戸時代には京と大坂を結ぶ港町・宿場町として栄えました。
    多くの人が行き交う伏見では、良質で豊富な地下水を使ったお酒づくりも発展。やがて、兵庫県の灘と並ぶ酒どころとなりました。
    幕末、全国を駆け巡った坂本龍馬が常宿にした旅籠「寺田屋」は、今も伏見にあります。龍馬も伏見の酒で旅の疲れを癒やしたことでしょう。

  • 男酒、女酒
    伏見のお酒はまろやかな風味

    日本酒の味を決める要素の一つに、水に含まれるミネラルの量があります。多すぎても少なすぎても良いお酒はできません。伏見の水はミネラル分をほどよく含み、口当たりのよいまろやかな風味に仕上がるのが特徴です。
    ちなみに、伏見よりミネラル分が多めの水を使う灘は、すっきりとした辛口のお酒。「灘の男酒、伏見の女酒」とは、この風味の違いを表した言葉です。

  • 曲水の宴
    王朝の雅に思いをはせて

    「曲水の宴」という行事をご存知ですか。
    京都では上賀茂神社と城南宮で行われる春の神事で、もとは平安時代の宮中の行事でした。酒を注いだ盃をオシドリを象った杯台に乗せ、庭園を流れる小川に流します。小川の畔には平安装束に身を包んだ歌人が座し、酒杯が自分の前に流れ着くまでに和歌を詠み、短冊にしたためて盃の酒を飲みます。平安貴族の優雅な歌会を再現した「曲水の宴」。
    王朝の雅に思いをはせつつ、伏見の酒のふくよかな味わいをお楽しみください。

ページの先頭へ