1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 京仏壇 若林佛具製作所

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

京仏壇 若林佛具製作所
合掌壇
匠の技が随所に光る 格調高き新型仏壇

京都の伝統的工芸品「京仏壇」の伝統技法を守りながら、新しい時代に合った、上質でシンプルな形を提案する新型の仏壇です。仏壇本体の主要部分は桧材、その他には松材等の高級木材を使用し、漆塗りにも厳選した良質天然漆を用いました。入念な下地工程から、高級感をより演出する溜色漆塗り、最終工程の蝋色(表面の鏡面化)仕上げまで、京都の職人がそれぞれ熟練した匠の技で、丁寧に施します。また、仏壇の装飾のひとつである蒔絵は、京都迎賓館の調度品も手がけた京蒔絵職人によるもので、美麗で精緻な蒔絵装飾が、この「合掌壇」の一番のポイントとなっています。最高の技術者による幾多の工程を経て完成した、生涯を託すにふさわしい、格式高い高級仏壇。月日を経てもその気品は輝きを失うことなく、現代の居住空間との調和を保ちながら、重厚な存在感を放ち続けます。

<商品情報>
■ 商品名/合掌壇
■ 価格/5,880,000円(税込)
■ サイズ/高さ110×幅60×奥行50(cm)
■ 素材/桧材、松材

商品詳細画面へ

京仏壇 若林佛具製作所 京仏壇 若林佛具製作所

天保元年(1830)創業。177年の長きにわたり、伝統工芸士をはじめ京都の優れた技術者による京仏壇・京仏具を製作。「精神的に荒廃している現代社会において、心のやすらぎを与え続ける弊社の発展こそ、社会に対し多大の貢献をしている」という信条に基づき、京都の伝統を守ることを常に念頭に置きながら、偽りのない、お客様第一の商品作りを心がけています。2004年には仏壇・仏具の総合組立所「卯兵衛館」を設立。日本だけではなく海外の寺院へも多数納入し、今後も仏教興隆の一助となるよう本物の荘厳仏具を更に追求しています。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ