1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 木版画 版元 芸艸堂

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

木版画 版元芸 艸堂
源氏模様
商品拡大
美麗な版画
平安王朝美を垣間見る 華麗な木版画集

源氏物語は、今日まで千年に渡り人々に読み継がれてきた、世界最古の長編小説。光源氏を主人公に、平安時代の華麗な世界が表現され、文学を超えて美術や工芸、演劇など各分野に影響を及ぼしてきました。
この作品は日本画の俊英十名が、源氏物語第一帖「桐壺」から第五十四帖「夢の浮橋」まで、全ての帖を象徴的に図案化した木版画集を復刊したものです。これに、貝合せ六帖を加えた、全六十図の美しい王朝美が展開されています。昭和初期当時の版木をそのまま使用し、摺師によって一枚ずつ手摺りされた、雅やかな木版画集です。

<商品情報>
■ 商品名/源氏模様
■ 価格/203,700円(税込)
■ サイズ/天地30×左右38.9(cm)
■ 備考/多色木版摺(20~30度摺)60葉、
鳥の子マット貼込

商品詳細画面へ

手摺木版画集「竹内栖鳳 旅寿々里」

栖鳳芸術を再認識する 貴重な資料集

近代日本画壇の雄、竹内栖鳳が、旅の途次に旅情に任せて描いた私製絵葉書集です。即物的、簡潔な筆致は栖鳳芸術の特徴ともいえ、栖鳳の風流心を遺憾なく伝えています。
制作にあたり、所蔵者からお借りした原画をもとに、一枚ずつ木版画で再現いたしました。木版摺でしか表現できない風合い、手触りを是非お楽しみ下さい。また50枚の絵葉書を一枚ずつマットに入れ、帙箱(ちつばこ)に納めた仕様はとても貴重。木版技術だけではなく、帙箱の製造技術を継承する職人も減りつつある現在では、同じ形での再版は難しいといわれる作品集です。

<商品情報>
■ 商品名/手摺木版画集「竹内栖鳳 旅寿々里」
■ 価格/89,250円(税込)

商品詳細画面へ


木版画 版元 芸艸堂 木版画 版元 芸艸堂

明治24年(1892)、木版摺技法による美術書出版社として創業。初代山田直三郎が文人画家の富岡鉄斎より、「芸艸は香りくさ」の書を拝受した事が屋号の由来です。大正7年、東京店を開店。和装品や工芸品の柄、配色見本集を主に出版していましたが、近年では鑑賞版画や観光客に向けてのポストカードなども作っています。現在、日本唯一の手摺木版和装本を刊行する出版社です。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ