1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 金網工芸 鳥井金網工芸

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

金網工芸 鳥井金網工芸
銅製果物かご/銅製銘々皿

銅製果物かご/銅製銘々皿

銅製果物かご

銅製銘々皿

繊細な手技が光る創作金網

創業以来、一本の銅線をねじって、亀甲編みをベースに一つの形を造り上げ、物としての命を生み出しております。この果物かごと銘々皿は、すべて細かな手作業で編み上げ、銅線の上から金メッキをかけて仕上げてあります。2点とも「型」というものがなく、編むのに手間がかかります。特にふくらみの部分が難しく、苦労いたしました。既製品にはない、手編みならではの手あたりのよさや独特のぬくもりを感じていただける逸品です。

※手編みのため、完全受注生産をとっております。納品までにはお時間(約1ヶ月)をいただきますが、予めご了承ください。

<商品情報>
■ 商品名/銅製果物かご
■ 価格/36,750円(税込)
■ サイズ/径20×高さ9(cm)
■ 素材/銅、金メッキ付

商品詳細画面へ

<商品情報>
■ 商品名/銅製銘々皿
■ 価格/52,500円(税込)
■ サイズ/縦11×横11.5×高さ3(cm)
■ 素材/銅、金メッキ付

商品詳細画面へ

金網工芸 鳥井金網工芸 金網工芸 鳥井金網工芸

明治22年創業。初代より、社寺や町家の軒先を守る鳩よけの網や蔵の行灯、台所用品など、手編みの金網を製造販売。現在は、豆腐すくいや焼き網、茶漉しや銘々皿など、料亭や割烹からの別注オーダーの製作が中心。手編みの技を守り続けている。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ