1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 伏見人形 丹嘉窯元

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

伏見人形 丹嘉窯元
飾り馬/指差しお福

飾り馬/指差しお福

飾り馬

指差しお福

素朴で美しい日本最古の土人形

伏見人形は、稲荷山の土で造った日本最古の郷土玩具で、全国にある土人形の原型といわれています。その起源は、垂仁天皇(古墳時代)にまで遡ります。当時、土器などを造っていた土師部(はじべ)が、朝廷より「土師職」と任命され、伏見深草に移り住んで製作するよう命が下されました。そこで、生み出されたのが伏見人形です。
「西行も牛もおやまも何もかも土に化けたる伏見街道」
一休禅師が歌にうたったように、伏見人形は伏見街道の風俗や、伝説、説話などを形にしています。お使姫のお狐さんや饅頭喰い、チョロケン、布袋さん、西行さん、玉、でんぼ等、約2000種類の原型や土型が残されており、往時の様子を今に伝えています。
また、ユーモアに富んだ作風と彩色の美しさ、土人形ならではの素朴な味わいで、最近では海外でも親しまれています。

<飾り馬>
土人形の源流といわれ、古来より庶民の間で親しまれてきました。端午の節句の飾り物として重用され、大将の馬として、綺麗な彩色を施しています。

<商品情報>
■ 商品名/飾り馬
■ 価格/215,000円(税込)
■ サイズ/縦51.5×横57×幅20(cm)
■ 製法/素焼きの粘土に膠を混ぜた顔料で彩色し、二十数回の工程を経て完成。
■ 備考/限定1個

商品詳細画面へ

<指差しお福>
大工の棟梁の妻で、内助の功で夫を助け、福を呼び込んだことで知られます。それにあやかり縁起物として珍重されています。

<商品情報>
■ 商品名/指差しお福
■ 価格/105,000円(税込)
■ サイズ/縦43×横25×幅32(cm)
■ 製法/素焼きの粘土に膠を混ぜた顔料で彩色。
■ 備考/限定1個

商品詳細画面へ

伏見人形 丹嘉窯元 伏見人形 丹嘉窯元

寛延年間(1748~51)創業、伏見街道に面して店舗を構えています。全国各地にある土人形の祖ともいわれる伏見人形の窯元。明治の頃には40~50軒あった窯元も次第に数が減り、現在は当店一軒を残すのみとなっています。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ