1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 匠の工房 高野竹工

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

匠の工房 高野竹工
華織赤松衝立

金閣寺夕佳亭古材龍透かし彫

和の空間を格調高く演出 新旧の技術が融合した衝立

釘などの接合道具を使わずに、木と木を巧妙に組み合わせて箪笥などを作る工芸技術、指物。中でも京都で発祥した京指物は、朝廷や公家の御用達であったことから、優雅かつ精緻な細工を特徴としています。
その京指物の技術を駆使して制作されたのが、この華織赤松衝立です。枠には最高級の吉野桧を使用。布に漆をしみこませ、木地を何度も拭いて漆をすり込んでいく「スリ漆」という技法で、表面を艶やかに仕上げました。衝立表面の華織赤松は、赤松を0.3mmの極薄の帯状にしたものを手織機で織り、シート状にしたもの。最先端の技術で一本一本木目を繋げながら織り上げられ、しなやかで丈夫な表面に仕上げました。下部には金閣寺夕佳亭の古木材を用い、優美な龍の透かし彫りをあしらっています。
京都の伝統技術と新しい技術が融合して誕生した、格調高い衝立です。

<商品情報>
■商品名/華織赤松衝立(金閣寺夕佳亭古材龍透かし彫入)
■ 価格/525,000円(税込)
■ サイズ/幅110 高さ90 奥行き28(cm)
■ 素材/吉野桧 赤松

商品詳細画面へ

匠の工房 高野竹工 匠の工房 高野竹工

昭和43年(1968)創業。主として茶道具の製造を中心に展開しています。現在の社屋、ショールームは竹の里・長岡京市。匠の工房として、素材の風合いを生かしたものづくりに取組んでいます。また近年は、現代アートとの融合による作品も意欲的に手掛け、定期的に展示会も行われています。伝統的な技術に新しい技術を取り入れた、独自の商品開発に日々取り組んでいます。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ