1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 京鹿の子絞 片山文三郎商店

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

京鹿の子絞 片山文三郎商店
絞り染めスカーフ「本疋田絞り 斜絣」

絞り染めスカーフ「本疋田絞り 斜絣」

手絞りゆえの風合いが生きた贅沢なスカーフ

逸品呉服に使用するのと同じ「本疋田絞り」を用いた当店随一のスカーフでございます。ひとつぶひとつぶを本疋田専門の「結い手(ゆいて)」さんが独りで絞って、上品な斜めの絣風紋様を現しました。
「絹生地をほんの少しつまみ上げて4つに畳み、生糸を使って5~7周きつく巻き、根本で2回結んでそのまま糸は切らずに次のつぶに移る」この気の遠くなるような繰り返しで精緻な「絞り紋様」は少しずつ生まれてゆきます。
染めて、糸をほどいた時、糸を巻いた跡には染料がまったく染みこんでいず、かつ粒の頂点それぞれには小さな染め色が1点くっきりとあるものが「よい手」(良品)とされます。その模様が子鹿の背に浮かぶ愛らしい斑点に似ることから、この絞りを「鹿の子(かのこ)」と呼んでおります。
このスカーフも、もちろんそんな「よい手」の製品です。肩をゆったり包む大きさで、和装にも洋装にもご活用いただけます。

<商品情報>
■ 商品名/絞り染めスカーフ
「本疋田絞り 斜絣」(ほんびったしぼりななめがすり)
■ 価格/189,000円(税込)
■ サイズ/約 巾50×長さ150(cm)
■ 素材/絹100%
■ 色/エンジ
■ 備考/肩にかけると自重で軽く広がります

商品詳細画面へ

京鹿の子絞 片山文三郎商店 京鹿の子絞 片山文三郎商店

大正4年(1915)、片山文三郎が、絞呉服製造卸業を創業。 以来、絞り呉服の制作に勤めて参りました。近年はスカーフや洋服・インテリア分野にも、絞りを応用した製品の開発を進めております。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ