1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 清課堂 山中源兵衛

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

清課堂 山中源兵衛
純銀釜肌燗瓶

純銀釜肌燗瓶

使うほどに味わい深まる究極の燗瓶

金鎚を用い、金属の厚板を打ち延べ、打ち絞る「鎚起(ついき)」。粘り強く、見た目は重厚感があり、軽く耐久性のある製品が作れることから、金工品の中でも最も価値の高い技術と位置づけられています。
この品は茶釜のような表面を作る伝統技法「釜肌」で仕上げました。手に馴染み良く、陶磁器の器とも合わせやすい、温かみのあるデザインです。
地球上の金属で最も熱伝導性の高い銀を用いることで、酒の旨味を逃がさずに、清酒や焼酎を温めることができます。ツル(持ち手)の部分は、手に熱くないように、藤の蔓を撚ったものをつけました。
鍛造銀製品のいのちは、300年の単位で考えられています。もともと腐食に強い金属ですが、手延べ手絞り技法を用いることで、さらに強く、修理や調整をすることができます。お客様のご要望に応じて形状変更や重さの加減も可能です。代々お使い頂ける品となることでしょう。

<商品情報>
■ 純銀釜肌燗瓶(じゅんきんかまはだかんびん)
■ 価格/346,500円(税込)
■ サイズ/14×12×12.5(cm)、360cc(二合)入り
■ 素材/純銀(99.9%)、手の部分は藤蔓、鍛造(鎚起)製

商品詳細画面へ

清課堂 山中源兵衛 清課堂 山中源兵衛

天保9年(1838)、京錫源の名で創業。現代感覚にあふれた錫器を創り出すほか、銀銅などを素材とした各種金属工芸品を製造しております。茶の湯・煎茶道・華道用品はもちろん、日常に楽しんで使っていただける商品をも提供しています。特注品、各種修理、屋外モニュメントの製作も承っております。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ