1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 京漆器・京指物 柳菴初瀬川

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

京漆器・京指物 柳菴初瀬川
きざはし
重厚感と艶やかな色彩 洗練された階段箪笥

伝統的な和家具を、京指物の技術を用いて現代風にアレンジした、漆塗りの棚物です。日本古来の階段箪笥の形状と丈夫さを守りつつ、色合いの美しさが際立つ洗練された仕上がりとなっています。また、大きさの多様な引出しは使いやすさに優れ、洋家具用の金箔押の金具を使用しているため、和洋どちらの部屋にも調和します。
階段と収納の両機能を併せ持った階段箪笥。その歴史は、衣装箪笥や商業箪笥よりも古く、江戸時代の始めに町屋で発案されたといわれています。先人の生活の知恵から生まれた機能性と美しいデザインは、日本的な発想の家具として外国人にも好まれる逸品です。

<商品情報>
■ 商品名/きざはし
■ 価格/420,000円(税込)
■ サイズ/高さ60×幅64×奥行27(cm)
■ 素材/天然木本漆

商品詳細画面へ

京漆器・京指物 柳菴初瀬川 京漆器・京指物 柳菴初瀬川

寛政4年(1792)に創業した漆芸の老舗。箪笥や器類などを扱っています。初代が本願寺の御納度役として上洛して以来、200年以上にわたり品質の良い漆器を提供しています。利休居士四百年遠忌においては、記念として三千家御家元お好み道具のひとつを作成。「愛蔵品と呼ばれるものよりも愛用品と可愛がられる作品を」という信念を持って作品を作り続けています。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ