1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 美術割烹陶器 田村莱山

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

美術割烹陶器 田村莱山
鉢「色絵染付輪花鉢」

鉢「色絵染付輪花鉢」

気品あふれる絢爛豪華な器

中国明代に隆盛を極めた色絵染付磁器の意匠を模した、絢爛豪華な菓子鉢。
染付の部分を残して余白を黄色で塗りつぶす「黄地染付」等の技法や、祥瑞文様・色絵小紋等の古典的な図柄をバランス良く組み合わせてあり、単に古典作品の写しといった範疇にとどまらない作者独自の意匠を感じさせる作品です。
 原料の磁器土(石生地)には赤石を適度に混合させ、渋めの呉須色と少し青みがかった透明釉とを合わせることによって落ち着いた質感を呈しています。さらに独自の調合を施した顔料による上品な色合いの黄色や赤の上絵付けと相まって、一種古物的な趣きを感じさせる仕上がりとなっています。
また、その成形上の技法として「打ち込み」と言われる手法が用いられています。これは、生地を轆轤(ろくろ)で成形した後の半乾きの状態で石膏の型に嵌め込み、輪花形や角形に成形するというもの。泥状の陶土を石膏型に流し込んで作る「鋳込み」製法とは違い、轆轤成形ならではの丸みや自然なラインが残るところに見所があり、非常に高度な技術を要する技法でもあります。この鉢は、高台の成形にもこの「打ち込み」の技法が使われており、技術的観点から見ても贅を尽くした作品となっています。
※<作者プロフィール>
加藤雲泉(かとううんせん)
昭和24年生まれ。先代橋本雲泉の作風を受け継ぎ、色絵・染付磁器の古典的な技法を生かしつつ、現代生活に則した食器及び割烹食器を中心に作陶を続けている。

<商品情報>
■ 商品名/鉢「色絵染付輪花鉢」
(いろえそめつけりんかばち)
■ 価格/525,000円(税込)
■ サイズ/径21×高さ9(cm)
■ 備考/木箱入

商品詳細画面へ

美術割烹陶器 田村莱山 美術割烹陶器 田村莱山

創業百十余年。以来一貫して京焼・清水焼の高い技術と洗練された意匠を生かした商品の開発を心がけ、料亭向けの割烹食器を中心に、窯元から現代作家の作品まで幅広く取り扱っております。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ