※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

京提灯 小嶋商店
八目弓張提灯

八目弓張提灯

九寸丸弓張提灯

九寸丸弓張提灯

古の文化を現代に伝える 和紙の奥に灯る明かり

かつて、日本人の暮らしに欠かせない照明器具であった提灯。現代では主に、神具、また祭りを華やかに彩るものとして用いられています。京提灯の特徴は「平骨」と呼ばれる、竹を薄く割ったものを一本ずつ輪にし、麻糸を何本も縦にくくりつけ、そこに和紙を貼るという製法。すべて手作業で行われます。丈夫で堂々とした風合いに仕上がりますが、一本の竹ひごをらせん状に巻いて作る「巻骨式」に比べ大変手間がかかるため、職人が減少し、京都では小嶋商店が唯一受け継ぐのみとなりました。和紙を通して穏やかに漏れる、やわらかな明かり。自然素材と伝統技術から生み出される、そのぬくもりをお楽しみください。

※文字・家紋など、ご希望に応じてお入れいたします。

<商品情報>
■ 商品名/八目弓張提灯
■ 価格/18,900円(税込)
■ サイズ/直径24×丈40(cm)

商品詳細画面へ

<商品情報>
■ 商品名/九寸丸弓張提灯
■ 価格/15,750円(税込)
■ サイズ/直径26×丈35(cm)

商品詳細画面へ

京提灯 小嶋商店 京提灯 小嶋商店

江戸時代中期の創業と伝わる老舗。初代から4代目までは提灯の木地(提灯を支える上下の部分)を扱い、5代目からは提灯問屋を営んできました。一時は経営の危機に陥りましたが、先代・7代目が提灯職人として家業を再建し、当代へと続いています。神社拝殿用、祭り用、赤提灯用、南座の提灯など多様な商品を制作し、近隣府県の小売店へも出荷しています。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ