1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品
  4. 竹藝品 公長齋小菅

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

竹藝品 公長齋小菅
細波網代極上バッグ
多様な技法が奏であう美 格調高き漆黒の竹籠バッグ

一流職人の工芸技法を随所に用いた、風格ある竹籠バッグ。竹の精緻な編み模様と、丁寧に塗り重ねられた漆の上品な光沢が目を引き付けます。竹の編み方には200以上種類があり、最も格調高いとされるのは網代編み。中でも細さの違う竹ひごを合わせて、波のような模様を表現する波網代編みは、驚くほど軽量でしなやかな質感を生み出します。さらに表面に漆を塗り重ねたことにより、使い込むほどに色艶と風格を増すのが特徴です。持ち手には根竹と京の組紐技術を採用。動きに合わせて柔らかく手に馴染みます。中の巾着は、籠の色や形に合わせ、久米島紬や琉球絣などの最高級反物を使用し、本品に上品な華やかさをもたらします。様々な工芸技術を集結させ、実用性の面でも最高の仕上がりを実現した竹籠バッグ。愛着を持って末長くお使い頂ける逸品です。

<商品情報>
■ 商品名/細波網代極上バッグ
■ 価格/241,500円(税込)
■ サイズ/23×9.5×21(cm)
■ 素材/竹、漆 、組紐

商品詳細画面へ

竹藝品 公長齋小菅 竹藝品 公長齋小菅

明治31年(1898)創業。天和年間(1681~1683)に、六代目が紀州徳川家顕龍公に御用絵師として召され、日本画四条派である松村呉春に指示した際の雅号「公長」にあやかり屋号を「公長齋小菅」と定めました。「伝統は革新なり」をモットーにした、コンテンポラリー(現在)とクラシック(伝統・古典)の融合が制作理念。竹の素材の良さを活かし、実用性・芸術性を兼ね備えたものづくりを追求し続けています。

京のこの逸品インデックスページへ戻る

ページの先頭へ