※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額はお問い合わせください。

蒔絵 下出祐太郎

1)屏風 歴
1)屏風 歴
170cm×130cm/4,000,000円
写真の拡大表示

多様な技法が生む、悠久のきらめき

蒔絵(まきえ)とは、接着力のある漆に金銀粉を蒔きつけて絵を描く技法です。日本独自に発達した極めて繊細な技術で、調度品や寺院建築を荘厳に彩ってきました。平安時代には、蒔いた部分を漆で固めた後に研磨して蒔絵層を出す「研出(とぎだし)蒔絵」が誕生。鎌倉時代には漆で描いた部分に金銀の微細な粉を蒔く「平蒔絵」や漆を盛り上げて描く「高蒔絵」、また桃山時代には華やかな「高台寺蒔絵」、江戸時代においては琳派の蒔絵技法など、各時代に多様な技法が生まれました。

こうして先人たちが脈々と育んできた蒔絵を「日本人のものづくりの叡智」として受け継いでいるのが下出祐太郎氏です。京都で三代続く蒔絵師として伝統的な意匠を手がける一方、作家として独創的な作品を発表してきました。創作のテーマは、「悠久の流れ」や「いのちの輝き」。木地に漆や金銀粉といった、何度でも再生できる自然素材を駆使して、生きる意味を表現しつづけたいと下出氏。その手から成る優美な作品からは、そこはかとないきらめきが漂ってきます。

下出祐太郎(しもでゆうたろう)

下出祐太郎(しもでゆうたろう)
昭和30年生まれ。
同志社大学文学部卒。経済産業大臣認定伝統工芸士。下出蒔絵司所の三代目として即位の礼や大嘗祭の神祇調度蒔絵、第61回伊勢神宮式年遷宮御神宝蒔絵を手がける。高台寺蒔絵や芝山細工等の漆工技術の研究、漆や文学の講演、執筆活動にも取り組む。京都伝統工芸専門学校教授、国立大学法人京都工芸繊維大学伝統みらい研究センター特任教授を務める。国立京都迎賓館では漆調度品のプラチナ蒔絵など数多く制作。京都市芸術新人賞受賞ほか。

 2)衝立 嵐山
2)衝立 嵐山
102cm×111.5cm
3,700,000円

写真の拡大表示

3)蒔絵皿(春)
3)蒔絵皿(春)
40cm×40cm
1,260,000円

写真の拡大表示

4)プラチナ蒔絵香盒
4)プラチナ蒔絵香盒
「悠久のささやき」
2.7cm×7.8cm
480,000円

写真の拡大表示


作品ご購入のご案内
京工芸の最高峰インデックスページへ

ページの先頭へ