表紙は約120年前に着物の図案を描く職人の参考本として
刊行された神坂雪佳『染色圖案 海路』。

その中から2柄を選び、新たに版木をおこし、配色をポップカラーに。

一冊一冊手作業で粘葉装(でっちょうそう)風
(1枚の紙を2つ折りし、そのノド部分に糊をつけ重ねていく製本方法)
に仕立てました。

粘葉装風に仕立てたので、フラットに開いて書きやすくなっています。
また特に左綴じ、右綴じを決めていないため、左右好みに合わせて使用
することができます。