「奈良漬」の原型は、1300年以上前の平城京で作られていた「粕漬」とか。
食品の保存を兼ねて、酒の滓に漬けていたものと考えられています。
歴史の古い漬物なので奈良から各地に伝わり、京都でも昔から作られているんですよ。

平安時代に京都で編纂された「延喜式」という書物では
「漬糟冬瓜(つけかすかもうり)」と記され、宮中でも珍重されていたそうです。

奈良漬のネーミングは15世紀頃。奈良のお医者さんの命名によるもの。
名前がついて6世紀 (*@@*) 。 今では、酒粕漬を示す言葉になりました。






大藤の奈良漬は、風味豊かな酒粕に国産原料を丹念に仕込んだこだわりの逸品。
ご贈答に喜ばれています。


時間をかけて染みこんだ酒粕の芳醇な香りと、ほどよい弾力のある歯ざわりが好評です。
お漬物としてだけでなく、刻んでタルタルソースなどに加えても美味しいですよ。

( ご注意ください 酒粕漬につき、アルコールが含まれています )