あめ湯

冷たく「ひやしあめ」、温かく「あめ湯」

するがや祇園下里 するがや祇園下里
文政元年(1818年)総本家駿河屋の別家として、初代・下里治助が、祇園の地に菓子屋を創業。
以来、駿河屋より伝えられる羊羹と、2代目考案の飴菓子「祇園豆平糖」を、昔ながらの製法でつくり続ける。
「祇園豆平糖」は祇園の粋な客に喜ばれています。