1. ホーム
  2. 憧れに出逢う
  3. 金属工芸~手技の美~

「金属工芸~手技の美~」無限の可能性を秘める、金属工芸の世界

金、銀、銅などの金属を材料に、様々な細工をほどこす金属工芸。

その歴史は弥生時代にまで遡り、古来の美術的価値の高い金属工芸作品が現代にも数多く残されています。先代が培った匠の技は、時代ごとの職人により脈々と継承され、長い時間をかけて日本独自の金属工芸という分野が発展を遂げました。

常に進化し続ける金属工芸の美の世界は無限の可能性を秘め、日々新たな煌きを生み出しています。

全国の工芸品を網羅する『伝統工芸 用の美』でも金属工芸をご紹介しています。こちらもぜひどうぞ。

金属工芸の技法

  • 彫金
    素材の表面を「鏨(たがね)」で彫り、装飾する技法。素材に起伏をつけたり透かしたり、また別の金属を嵌め込んで装飾を加えるのも彫金技術一つです。
  • 鋳金
    溶解した金属を、鋳型(いがた)に、湯口(ゆぐち)と呼ばれる入り口から流し込み、冷却してから鋳型から取り出し、表面を研磨するなどして仕上げる技術。
  • 鍛金
    金属の板や塊、棒などを打ち延べて成形する技法。打ち鍛えることで金属の組織が密になるため、固く軽く、腐食に強いものが作れる長所があります。
  • 象嵌
    鉄生地に細かく布目状の溝を刻み、その谷部に金銀等を打ち込む手法。はめ込んだ金銀部分へさらに彫刻を施し、陰陽をつける場合も。
  • 金網
    釘を打ち付けた台と指先の感覚だけで、細い針金を編み上げ造形。人の手が生んだ編み目には機では真似のできない微妙な揺らぎがあります。
ページの先頭へ