1. ホーム
  2. 老舗を知る
  3. 京のこの逸品

京のこの逸品

<釜師>

吉羽與兵衛

吉羽與兵衛
柳地紋筒釜
釜肌の風合いに感じる
職人の研ぎ澄まされた五感

詳しくはこちら

<漆器>

上杉満樹工房

上杉満樹工房
松竹梅蒔絵 梅古木硯箱
古木と蒔絵の斬新な出会い
梅文様を纏った硯箱

詳しくはこちら

<京人形>

小刀屋忠兵衛

小刀屋忠兵衛
総檜製 長刀鉾 極大
祇園祭の雅やかさを置物に
重厚かつ精巧な長刀鉾

詳しくはこちら

<桶・樽>

たる源

たる源
寿司桶
手づくりの温もりと
木の優しさが漂う寿司桶

詳しくはこちら

<京都御翠簾調進所>

みす武

みす武
お座敷すだれ 絹糸亀甲編
翠簾師が魅せる匠の美
日本が誇る室内装飾

詳しくはこちら

<刀剣>

士銭堂

士銭堂
重要刀剣「延秀」
特別保存刀剣「末行」「國広」
威厳と風格に満ちた姿
時の名工が生んだ日本刀

詳しくはこちら

<嵯峨螺鈿>

野村

野村
琥珀のペンダントトップ
蝶のブローチ
自然が生んだ魅惑の色彩
螺鈿細工に見る優雅な煌き

詳しくはこちら

<京繍>

アトリエけい子

アトリエけい子
長財布「希臘文様」/「菊菱」
一針ごとに華やかに
京繍で彩られた長財布

詳しくはこちら

<京仏壇>

加茂定

加茂定
純京佛壇 本三方開 総桧材本地彫(東)
伝統工芸、円熟の極致
崇高なる最高級の京仏壇

詳しくはこちら

<竹工芸>

竹美斎

竹美斎
重ね菱文様花籠
精緻な編み目が生む用の美
職人技が冴える花籠

詳しくはこちら

<京版画>

雅堂

雅堂
平成版浮世絵『京都百景全集』
受け継がれる木版画の技
色彩溢れる京の百景全集

詳しくはこちら

<和風照明>

和田卯

和田卯
有明行灯
京指物工芸の最高峰
情緒豊かに闇を照らす行灯

詳しくはこちら

<京刃物>

金高刃物老舗
金高刃物老舗
招福庖丁
炎と対峙する鍛造の技術
運を切り開く庖丁

詳しくはこちら

<京和傘>

日吉屋

日吉屋
高級和風洋傘「あんぶれら」
雨天に花咲く京友禅の美
優雅な最高級の和風洋傘

詳しくはこちら

<匠の工房>

高野竹工

高野竹工
華織赤松衝立(金閣寺夕佳亭古材龍透かし彫入)
和の空間を格調高く演出
新旧の技術が融合した衝立

詳しくはこちら

<京葛籠>

渡邉商店

渡邉商店
衣装入れ
着物を生かす収納具
巧みの技が光る京葛籠

詳しくはこちら

<京扇子>

大西京扇堂

大西京扇堂
翠玉虫宝相華蒔絵 飾り扇
絢爛豪華な技の協演
贅を尽くした究極の飾り扇

詳しくはこちら

<三味線>

今井三絃店

今井三絃店
三味線
熟練した職人技の結集
風雅な音色を奏でる三味線

詳しくはこちら

<京和ろうそく>

丹治蓮生堂

丹羽蓮生堂
数奇屋ろうそく
自然素材の穏やかな美
寺院御用達の和ろうそく

詳しくはこちら

<木版画>

版元 芸艸堂

版元 芸艸堂
源氏模様
平安王朝美を垣間見る
美麗な木版画集

詳しくはこちら

<工芸着物>

野口

野口
朱地花筏文様振袖
精緻な筆使いと雅な色彩
職人の技が結集した振袖

詳しくはこちら

<竹藝品>

公長齋小菅

公長齋小菅
細波網代極上バッグ
多様な技法が奏であう美
格調高き漆黒の竹籠バッグ

詳しくはこちら

<美術割烹陶器>

田村莱山

田村莱山
鉢「色絵染付輪花鉢」
気品あふれる
絢爛豪華な器

詳しくはこちら

<京の印刻士>

小泉湖南堂

小泉湖南堂
個人用実印 象牙
匠の技が醸し出す風格
陰影美しい実印

詳しくはこちら

<茶筒>

開化堂

開化堂
携帯用銀製茶筒
職人の技が魅せる機能美
年月と共に深みを増す茶筒

詳しくはこちら

<砥石>

畑中砥石株式会社

畑中砥石株式会社
純真正本山合砥石
名刀を精良に砥ぎ出す
天下無双の仕上げ砥石

詳しくはこちら

<染色工芸材料>

長谷川繪雅堂

長谷川繪雅堂
天尾筆
文人墨客の憧れ
風格漂う書筆

詳しくはこちら

<京仏壇>

若林仏具製作所

若林仏具製作所
合掌壇
匠の技が随所に光る
格調高き新型仏壇

詳しくはこちら

<神仏錺金具>

大柳製作所

大柳製作所
神楽鈴
舞と共に神前に献上される
音色清らかな神楽鈴

詳しくはこちら

<京漆匠>

象彦

象彦
龍頭鷁首舟遊び蒔絵 硯箱
京漆器の粋を集めた、
最高級の硯箱

詳しくはこちら

<ふさとひも>

宮本

宮本
馬飾り「胸懸」
受け継がれる房ひもの芸術
華やぎと風格を室内に

詳しくはこちら

<御舞扇司>

本家 福井十松屋

本家 福井十松屋
能楽用中啓 花の丸
一扇ぎに無限の情景を託す
役者の心を代弁する能扇

詳しくはこちら

<京象嵌>

川人象嵌

川人象嵌
源氏物語図 宝石箱
漆黒と純金が綴る源氏物語
高雅な存在感を放つ宝石箱

詳しくはこちら

<京すだれ>

久保田美簾堂

久保田美簾堂
網代二枚折屏風
清涼感と和の香り
くつろぎを演出する屏風

詳しくはこちら

<京風桶>

おけ庄

おけ庄
金魚桶
和の香り漂うインテリア
涼誘う金魚桶

詳しくはこちら

<御装束・祭典調度>

黒田装束店

黒田装束店
有職美麗几帳
季節のうつろいを演出する
優雅な美麗几帳

詳しくはこちら

<京人形>

田中彌

田中彌
御大将
逞しく凛々しい顔立ちは
精魂込めて作られた一級品

詳しくはこちら

<京漆器・京指物>

柳菴初瀬川

柳菴初瀬川
きざはし
重厚感と艶やかな色彩
洗練された階段箪笥

詳しくはこちら

<京・ぎおん>

かづら清老舗

かづら清老舗
白べっ甲洋花唐草透かし彫かんざし/白梅図黒べっ甲白蝶貝螺鈿かんざし
受け継がれる和装身具
輝く超一級の芸術品

詳しくはこちら

<かるた>

大石天狗堂

大石天狗堂
光琳かるた
尾形光琳の色彩を再現
豪華絢爛な百人一首

詳しくはこちら

<京神具>

榊原神具店

榊原神具店
勧請宮
美しさ際立つ木曽ヒノキの社
静けさと穏やかさを宿して

詳しくはこちら

<京提灯>

小嶋商店

小嶋商店
八目弓張提灯
九寸丸弓張提灯
古の文化を現代に伝える
和紙の奥に灯る明かり

詳しくはこちら

<有職翠簾師>

みす平 前田平八

みす平 前田平八
翠簾
時を経て輝く匠の技
200年の伝統が作る翠簾

詳しくはこちら

<西陣織>

西陣まいづる

西陣まいづる
西陣織掛軸「風神・雷神図」
西陣の技と
幻の糸が織り成す伝統芸術

詳しくはこちら

<金箔・あぶらとり紙>

至善堂 堀金箔粉

至善堂 堀金箔粉
純金箔24K白檀仕上 ホールクロック
金箔の老舗、情熱の結晶
輝きを秘め、時を刻む

詳しくはこちら

<べっ甲製品>

丹羽べっ甲

丹羽べっ甲
白べっ甲彫螺鈿付かんざし「蝶」
ばらふ蒔絵貝入りかんざし「鴛鴦」
艶やかな光沢を放つ、
上品なかんざし

詳しくはこちら

<御神鏡>

山本合金製作所

山本合金製作所
鳳凰文白銅鏡/阿弥陀魔境/
不思議な鏡
無形文化財・山本凰龍作
神秘の像を映し出す銅の鏡

詳しくはこちら

<金網工芸>

鳥井金網工芸

鳥井金網工芸

銅製果物かご/銅製銘々皿
繊細な手技が光る
創作金網

詳しくはこちら

<清課堂>

山中源兵衛

山中源兵衛
純銀釜肌燗瓶
使うほどに味わい深まる
究極の燗瓶

詳しくはこちら

<創作京履>

伊と忠

伊と忠
海宝南天
最高の素材と技、
天の恵みが生んだ和装小物

詳しくはこちら

<御召>

矢代仁

矢代仁
反物「西陣風通御召330柄」
永遠の美を織りこむ
西陣の御召

詳しくはこちら

<文房四宝>

香雪軒

香雪軒
古端渓(清朝)/淵龍二号
/烏金五丁型
歴史の薫り漂う、
重厚な文房四宝

詳しくはこちら

<家具>

宮崎

胴丸中衣装たんす
総桐 胴丸中衣装たんす
服部峻昇作 華昇 蒔絵
京指物の伝統を受け継ぐ、
芸術の薫りただよう桐たんす

詳しくはこちら

<香木・お香>

山田松香木店

山田松香木店
沈香文庫
伽羅宝相華文・象牙 象嵌
稀少材を用いた
精緻な沈香文庫

詳しくはこちら

<竹とすだれ>

西河

西河
夏障子
和室の夏を演出する
贅沢な逸品

詳しくはこちら

<漆器>

漆器の井助

漆器の井助
広蓋 京蒔絵 松竹梅
お祝い事に必須の広蓋に、
京蒔絵の技を尽くした逸品

詳しくはこちら

<京うちわ>

阿以波

阿以波
額入り京うちわ
九代饗庭長兵衛作『不老』
伝統と革新の技を極めた、
美術京うちわ

詳しくはこちら

<念珠>

安田念珠店

安田念珠店
伽羅念珠
幻の伽羅で作られた、
最高級香木念珠

詳しくはこちら

<京人形桂甫作>

安藤人形店

桂甫作 安藤人形店
特別品本金裂地親王
平安王朝の格式伝える、
優美な雛人形

詳しくはこちら

<京都西陣>

服部織物

服部織物
手織袋帯「ロココ金唐革文」
しなやかな曲線が魅せる、
優雅な袋帯

詳しくはこちら

<伏見人形>

丹嘉窯元

丹嘉窯元
飾り馬/指差しお福
素朴で美しい
日本最古の土人形

詳しくはこちら

<念珠>

あすか六字堂

あすか六字堂
翡翠(ひすい)念珠
至高の輝きを放つ、
神秘あふれる念珠

詳しくはこちら

<京鹿の子絞>

片山文三郎商店

片山文三郎商店
絞り染めスカーフ
「本疋田絞り 斜絣」
手絞りゆえの風合いが生きた
贅沢なスカーフ

詳しくはこちら

<錺匠>

竹影堂

竹影堂
南鐐 雲鶴釣香爐
時代を超えた技の融合
究極の釣香爐

詳しくはこちら

<京仏壇>

小堀

小堀
本願寺派(西)用金仏壇
匠の技が集結した、
荘厳な京仏壇

詳しくはこちら

ページの先頭へ