京人形 【小刀屋忠兵衛】

小刀屋忠兵衛

  1. 小刀屋忠兵衛TOP>
  2. 祇園祭ミニチュア山鉾 極上大船鉾 極大(桧製・本金箔押し・正絹・本塗り)

商品コード:oohunehoko tokudai

祇園祭ミニチュア山鉾 極上大船鉾 極大(桧製・本金箔押し・正絹・本塗り)

540,000 円
(本体価格 500,000円) (送料別)

総檜造りで本物と同じように材木を組み上げて、凧糸を染めたもので縄絡みをしています。船鉾で一番難しい屋根は、樽木を用い破風の綺麗な曲線が表現されています。
懸装品は正絹です。また、胴掛けの一部が奪着式になっていますので、内部の木組みの様子や縄絡みなどを見ることが出来るようにしています。
欄干や柱などは本塗りが施され、金具や金箔押しをしています。
先端の龍頭は木彫りに本金箔押しをしています。
【大船鉾】
後祭のくじとらずとして殿をつとめ、前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対して凱旋船鉾といわれていた。500年余りの歴史を持ち、江戸時代の再三の大火に被災するもそのつど復興を繰り返してきたが、幕末の元治元年(1864)におこった「蛤御門の変」にて屋形・木組・車輪等を失い、それ以来巡行参加することはなかった。長い年月を経て平成9年にお囃子の復興、そして焼失を免れた神功皇后の御神像や舳に飾る大金幣、また織物・刺繍の高度な技術を駆使して製作された大舵や水引・前懸・後懸等をお飾りしての「居祭」の再開で復活への機運が盛り上がり平成24年から唐櫃巡行を、そして平成26年四条町の皆様の熱意と多くの方々のご協力のおかげで150年ぶりに巡行参加することが出来た。この年より祇園祭も前祭・後祭の巡行が17日・24日と49年ぶりに分離巡行となった。後祭10基の山鉾の殿として、まだまだ未完の状態ではあるが堂々と朝日を受けて巡行する事ができた。今後は屋形の塗装・失われた人形の復元・また江戸期には現存する大金幣と隔年交代で舳を飾っていた龍頭の復原と焼失以前の優雅で豪華な姿になることを目指している。
平成28年より龍頭が新調されたので、昨年の大金幣に代わり大船鉾に飾られ巡行されます。

【新大船鉾】小(龍頭付き)
平成28年より龍頭が新調されました。
各年で龍頭と大金幣とを交互に使用させるそうです。
龍頭は本金箔押しにしています。

商品の明細
サイズ 幅30×奥行30×高さ44.5(㎝)
【商品名】
祇園祭ミニチュア山鉾 極上大船鉾 極大(桧製・本金箔押し・正絹・本塗り)
【価格】
540,000 円 (本体価格 500,000円) (送料別)
在庫
在庫あり
  • のし

数量:

お買い物かごに入れる

  • 祇園祭ミニチュア山鉾 極上大船鉾 極大(桧製・本金箔押し・正絹・本塗り)
  • 祇園祭ミニチュア山鉾 極上大船鉾 極大(桧製・本金箔押し・正絹・本塗り)
  • 祇園祭ミニチュア山鉾 極上大船鉾 極大(桧製・本金箔押し・正絹・本塗り)
お買い物について インフォメーション