1. ホーム
  2. 特集
  3. うなぎ特集

『うなぎ特集』今年の夏の土用の丑の日は7月25日(火)、8月6日(日)。

土用丑の日はうなぎ

今年の夏の土用の丑の日は、7月25日(火)、8月6日(日)。
夏の土用の頃は、暑さが厳しく夏バテしやすい時期なので、昔から、うなぎを食べて栄養をつける習慣があります。

江戸時代、売上不振に悩むうなぎ屋に相談を受けた平賀源内が「本日、土用丑の日。丑の日にうなぎを食べると疲れ知らず」とキャッチコピーを考え、店先に看板を出したところ、“あの平賀源内が言うのなら…”と、大繁盛したことはよく知られるハナシ。

うなぎには、ビタミンAやビタミンB群が豊富に含まれているので、肉体疲労や目の疲れ、肌荒れや冷え性に効果があるといわれています。
おいしいうなぎを食べて、暑〜い夏を元気に乗り切りましょう。

  • 鰻おこわ
    鰻おこわ
    【竹茂楼】
    大ぶりの鰻を伝承の甘辛たれで味付け。4種類のおこわの、味の違いもお楽しみいただけます。
  • 特選うなぎ鍋
    特選うなぎ鍋
    【竹茂楼】
    うなぎの白焼きやつみれを主役にした自慢の鍋セット。すっぽんスープを加えた“料亭のうまだし”と共に。
  • 鰻三昧
    鰻三昧
    【山ばな平八茶屋】
    自慢の「蒲焼」に山葵醤油とよく合う「白焼き」、山椒が効いた「有馬煮」の鰻3種をセットで。
  • うなぎの有馬煮(3本入)
    うなぎの有馬煮(3本入)
    【山ばな平八茶屋】
    山椒の風味が生きた、鰻の有馬焼。胡瓜と和えて酢の物にすると、さっぱりとした味わいに。
  • 鰻山椒煮
    鰻山椒煮
    【はり清】
    山椒の風味と鰻の旨みが絶妙なバランスの鰻山椒煮。上品かつ味わい深い一品。ご飯にもよく合います。
  • うなぎづくし
    うなぎづくし
    【花遊小路 江戸川】
    創業以来、何代にも渡り受け継がれてきた秘伝のたれに漬け込んだ、まさに「うなぎづくし」なセット。
  • 鰻茶漬
    鰻茶漬
    【ちもと】
    厳選した国産鰻を伝統の味で仕上げました。贈り物にもぴったりな美濃焼の器付き。煎茶をかけてどうぞ。
  • お茶漬うなぎ
    お茶漬うなぎ
    【のとよ】
    山椒の辛みが程よいアクセント。おろしたての山葵を乗せると、一層さっぱりとお召し上がりいただけます。
  • うなぎ・八幡巻詰合せセット
    うなぎ・八幡巻詰合せセット
    【のとよ】
    自慢の「蒲焼」と、備長炭でじっくり焼き上げた鰻で細ごぼうを巻いた「八幡巻」の2通りの味わいを。

鰻と相性よし 漬物・調味料

  • うり(大)
    うり(大)
    【田中長奈良漬店】
    自家製みりんかすが生み出すまろやかな味わいが、鰻と好相性。緻密な肉質が特徴。
  • 奈良漬 竹篭
    奈良漬 竹篭
    千枚漬 本家 大藤
    風味豊かな酒粕に厳選素材を漬け込みました。芳醇な香りと、程よい歯ごたえが◎
  • 極上さんしょう (純国産 8g)袋入り
    極上さんしょう (純国産 8g)袋入り
    【ぢんとら】
    自然のままの濃い緑色、さわやかな香りを大切にした山椒。香りの高さが自慢です。
  • 七味ギフト5本入
    七味ギフト5本入
    【ぢんとら】
    柚子こしょうや一味、七味など出来立ての美味しさをお届け。香りの違いを楽しんで。

うなぎには奈良漬け

奈良漬け 画像奈良漬けに含まれる抗酸化物質メラノイジンは、うなぎに含まれる豊富なビタミンやミネラルの吸収を助けるといわれています。また、奈良漬けを作る際に欠かせない酒粕には、ペプチドと呼ばれる成分が含まれており、うなぎの脂分を分解する働きがあるとされています。これらのことから「うなぎには奈良漬!」といわれるようになりました。

鰻以外にもあります スタミナ料理・食材

ページの先頭へ