1. ホーム
  2. 特集
  3. 老舗のロングセラー

時代を超えて愛される 老舗のロングセラー

長年の時を経ても色あせることのない京都の老舗。時代を超えて愛される逸品の数々を紹介します。

  • 亀屋良長の「烏羽玉」

    亀屋良長の「烏羽玉」

    200年以上変わらずに 愛されてきた銘菓。

    200年以上の歴史を誇る和菓子の老舗・亀屋良長。烏羽玉は創業の頃より愛されてきた代表銘菓です。こしあんに日本最南端の波照間島産黒糖をまぜた、桧扇(ひおうぎ)の実を思わせる漆黒のお菓子です。

    24個入
    詳細はこちら
  • 鶴屋壽の「嵐山 さ久ら餅」

    鶴屋壽の「嵐山 さ久ら餅」

    桜の名所・京都嵐山で 初めて生まれた桜餅。

    桜の名所としても名高い・京都嵐山に創業。鶴屋壽の桜餅は通年お楽しみいただけるよう、あえて季節感を抑えた白色をしています。贅沢に2枚の桜の葉で包まれ、口にすれば上品な甘さと桜の香りが広がります。

    10個入(化粧箱入)
    詳細はこちら
  • 竹茂楼の「鰻おこわ」

    竹茂楼の「鰻おこわ」

    江戸時代の創業以来
    伝承されてきた「鰻おこわ」。

    伝承のタレで味付けされた鰻を、ふんわりしたおこわに乗せ竹皮で包みました。鰻は丁寧に骨抜きされているため、やさしい口当たりに。

    詳細はこちら
  • 山ばな平八茶屋の「むぎとろ饅頭」

    山ばな平八茶屋の「むぎとろ饅頭」

    名物「麦飯とろろ」にちなみ
    生まれたお茶菓子。

    創業350余年の歴史を誇る山ばな平八茶屋。つくね芋が混ぜられたしっとりモチモチ食感の生地で、上品な甘さの餡を包みました。

    詳細はこちら
  • 笹屋伊織の「どら焼」

    笹屋伊織の「どら焼」

    毎月3日間限定で発売!
    筒型のもっちりどら焼。

    東寺のお坊さんより「副食となるお菓子を作ってほしい」との依頼を受け誕生。こし餡をモチモチッとした秘伝の皮で包みました。

    詳細はこちら
  • 京都吉兆 嵐山本店の「御鯛茶」

    京都吉兆 嵐山本店の「御鯛茶」

    創業以来、京都吉兆に
    受け継がれる味わい。

    日本を代表する料亭に、創業以来受け継がれる伝統の逸品。新鮮な鯛の切り身、特製の濃縮出汁などをセットにしました。

    詳細はこちら
  • 林万昌堂の「甘栗」

    林万昌堂の「甘栗」

    都人に支持され続ける、
    素朴なおいしさの甘栗。

    噛むほどに旨みの増す河北栗子を使用。創業から130年以上、都人に愛される一品です。焼きたてを袋詰めしてお届けします。

    袋入り 450g
    詳細はこちら
  • 井筒八ッ橋本舗の「仙菓 益壽糖」

    井筒八ッ橋本舗の「仙菓 益壽糖」

    滋養菓子として重宝された
    幻の銘菓。

    江戸時代から京最高の仙菓として名を馳せた「益壽糖」。古くから伝わる製法をそのままに、蜂蜜や高麗人参などを加えつくりました。

    18袋
    詳細はこちら
  • 田中長奈良漬店の「奈良漬」

    田中長奈良漬店の「奈良漬」

    2年の歳月を経て生まれる
    まろやかな奈良漬。

    元々みりんの醸造を行っていた田中長奈良漬店。自家特製のみりんを用いた、まろやかな旨みある奈良漬です。

    箱3号
    詳細はこちら
  • 松葉の「にしんそば」

    松葉の「にしんそば」

    にしんそばの代名詞
    「松葉」の味をご家庭で。

    誕生から100年以上たった今でも愛される一品。とろろ芋の入ったそばと、やわらかなにしん、秘伝のつゆなどをセットで。

    そば 花
    詳細はこちら
  • 京都くりやの「栗納豆 金の実」

    京都くりやの「栗納豆 金の実」

    多くの著名人を魅了!
    黄金に輝く「金の実」。

    かつて天皇陛下もお買い上げしたという逸品。大粒の丹波栗を一粒丸ごと蜜漬けにしました。滋味に富んだ味わいです。

    20個入
    詳細はこちら
  • 豆政の「夷川五色豆」

    豆政の「夷川五色豆」

    幸運を祈る“端色”に
    身を包みました。

    豆政の初代が考案したとされる夷川五色豆。上質なざらめ糖の持つさっぱりとした甘さが魅力の素朴なお菓子です。

    詳細はこちら
  • 聖護院八ッ橋総本店の「聖護院八ッ橋」

    聖護院八ッ橋総本店の「聖護院八ッ橋」

    にっきの香りをまとった
    伝統の京銘菓。

    米粉と砂糖と水のみで仕上がった生地ににっきを漂わせ、伝統の製法で古都の形にぱりっと焼き上げました。

    48枚入(箱入)
    詳細はこちら
  • 芳治軒の「大石饅頭」

    芳治軒の「大石饅頭」

    和三盆と餡が織り成す
    素朴な美味しさ。

    忠臣蔵に縁のある京都・山科に店を構える芳治軒。忠臣蔵の紋をかたどった創業以来変わらぬおいしさの焼菓子です。

    10個入
    詳細はこちら
  • 京都なり田の「すぐき」

    京都なり田の「すぐき」

    300年以上もの歴史をもつ
    京都なり田のすぐき。

    塩だけで自然に乳酸発酵させたすぐきは、心よい酸味が特徴。きざみすぐきの他に4種の漬物と佃煮を詰め合わせました。

    京都なり田特選漬物佃煮詰合せ
    詳細はこちら
  • 鼓月の「焼饅頭 華」

    鼓月の「焼饅頭 華」

    京菓子の伝統に
    新しい感覚をプラス。

    京菓子の伝統をふまえつつ、卵やバニラなど洋菓子の素材を用いて桃山風焼饅頭に仕上げました。販売以来50余年にわたり愛される一品。

    10個入
    詳細はこちら
  • 浜作の「養老昆布」

    浜作の「養老昆布」

    富貴長命の意味を込め、
    川端康成が命名。

    最上級の利尻昆布を手間ひまかけて甘辛く炊き上げました。お酒の肴に、ご飯やお茶漬けのおともにぴったりの一品。

    詳細はこちら
ページの先頭へ