1. ホーム
  2. 特集
  3. 歴史巡り

歴史巡り─時代を彩った人物にまつわる逸品たち─

聖徳太子

在原業平・小野小町

宇多法皇

宇多法皇
宇多法皇のこの故事により、衣笠山は別名・きぬかけ山と呼ばれるようになりました。麓にある金閣寺や龍安寺、仁和寺から嵐山へ続く道は、きぬかけの路と呼ばれています。
  • 衣笠 10個入

    亀屋重久

    衣笠 10個入

    夏の衣笠山に白妙を掛け、雪景色の風情を楽しんだ故事にちなんで誕生。白は雪、抹茶は松を表現。

    ご購入はこちら

紫式部

  • 源氏物語 掛香 唐衣

    山田松香木店

    源氏物語 掛香 唐衣

    十二単を着たお姫様をかたどった匂袋。お部屋や車に掛けるのはもちろん、置き飾りとしても◎

    ご購入はこちら

  • トランプ 源氏物語

    小刀屋忠兵衛

    トランプ 源氏物語

    「源氏物語絵巻」五十四帖全てが描かれたトランプ。海外土産にもぴったり。

    ご購入はこちら

  • 源氏模様

    版元 芸艸堂

    源氏模様

    《送料無料》

    日本画・俊英十名が源氏物語の世界を図案化。貝合せ六帖を加えた全六十図。

    ご購入はこちら

  • 夕顔

    鳴海餅本店

    夕顔

    源氏物語・夕顔から命名。栗甘露煮をこし餡で包み、焼き上げました。

    ご購入はこちら

源義経・武蔵坊弁慶

武田信玄

豊臣秀吉

  • 真盛豆

    金谷正廣

    真盛豆

    天正15年の北野大茶会の際には、豊臣秀吉が「茶味に適す」と絶賛したという逸話も残る半生菓子。

    ご購入はこちら

戦国武将や幕末の志士の家紋をいつもそばに

徳川家康

大石内蔵助

大石内蔵助
吉良邸へ討ち入りする、赤穂浪士四十七人―お馴染み「忠臣蔵」のその主人公こそ、大石内蔵助。大石ゆかりの地・山科には、現在でもその足跡が数多く残っています。
  • 大石饅頭 10個入

    芳治軒

    大石饅頭 10個入

    忠臣蔵に縁のある山科の名店・芳治軒。大石神社にちなんだ「大石饅頭」は、忠臣蔵の紋入り。

    ご購入はこちら

近松門左衛門

近松門左衛門
江戸時代に活躍した人形浄瑠璃や歌舞伎の作者。『曽根崎心中』などの心中物で有名ですが、当時は『国性爺合戦』などの時代物が人気だったとか。
  • 歌舞伎銘菓 夕霧 10個入

    井筒八ッ橋本舗

    歌舞伎銘菓 夕霧 10個入

    「廓文章」で伊左衛門が持つ網笠模様に仕立てた八ッ橋で小倉餡を包みました。

    ご購入はこちら

井伊直弼

新撰組

  • 京陶人形 新選組 人形

    小刀屋忠兵衛

    京陶人形 新選組 人形

    局長・近藤勇に副長・土方歳三、そして一番隊組長・沖田総司。新撰組の主要3名が手作り人形に。

    ご購入はこちら

  • 饅頭アラカルト(15個入り)

    幸福堂

    饅頭アラカルト(15個入り)

    新撰組ゆかりの地・壬生界隈に位置する幸福堂。「誠饅頭」など3種セットで。

    ご購入はこちら

坂本龍馬

幕末の志士たちに思いを馳せる

岩倉具視

岩倉具視
その昔は、500円札の顔としても有名だった岩倉具視。現在では、「若大将」こと、歌手で俳優の加山雄三さんの高祖父(ひいひいおじいさん)としても知られています。
  • 蜀椒(ちりめん山椒72g×2)

    三味洪庵

    蜀椒(ちりめん山椒72g×2)

    岩倉具視の命を受け、江戸末期に創業。以来150年、手間暇かけて「おぞよ」を作り続けています。

    ご購入はこちら

富岡鉄斎

  • 本醸造 鐡斎 1.8L

    山本本家

    本醸造 鐡斎 1.8L

    代表銘柄「神聖」のラベルを書いた鉄斎にちなんだお酒。キャッチフレーズは「きょうから鐵齋」。

    ご購入はこちら

  • 富岡鉄斎「朱鍾馗」木版画

    版元 芸艸堂

    富岡鉄斎「朱鍾馗」木版画

    《送料無料》

    鉄斎が描く「鍾馗」が木版画で蘇りました。鉄斎78歳の時の作品です。

    ご購入はこちら

川端康成

  • 養老昆布

    浜作

    養老昆布

    富貴長命の意を込めて、川端康成氏が命名。塩分控えめの京風の味付けを大変好んでいたんだとか。

    ご購入はこちら

  • ときわ木 15個入

    京菓子匠 源水

    ときわ木 15個入

    羊羹に大納言をのせ、すり蜜をかけた美しい和菓子。川端康成が愛した味。

    ご購入はこちら

ページの先頭へ