1. ホーム
  2. 特集
  3. うきうき雅な弁当箱

※この特集ページに記載の価格は2014年3月時点の情報です。正しい金額は各商品ページにてご確認ください。

うきうき雅な弁当箱

新緑に映える 弁当箱

小町弁当 刷毛目

【漆器の井助】

小町弁当 刷毛目
2,520円

朱色と黒色のおしゃれなお弁当箱!毎日ご愛用いただけます。

六角二段重 渕金

【漆器の井助】

六角二段重 渕金
4,515円

六角の形が珍しい。パーティーなどでの盛り付けにも活躍します。

丸二段重 独楽

【漆器の井助】

丸二段重 独楽
3,675円

華やかな二段重。手頃なサイズなので使いやすい!


ミニ角重 市松春秋

【漆器の井助】

ミニ角重 市松春秋
1,890円

可愛いミニ重!お菓子、薬味、デザートなどを入れたり小物入れにも。

入子三段重 小判こより

【漆器の井助】

入子三段重 小判こより
3,990円

三段重なのでたくさん入って嬉しい!家族でお出かけの際にもお勧め。

うたげ花見重 金梅

【漆器の井助】

うたげ花見重 金梅
3,990円

使い方のバリエーションが楽しめる一風変わったお重!大勢でランチを。


溜 胴張弁当

【象彦】

溜 胴張弁当
28,350円

雑誌等で紹介された人気のお弁当箱!しきりが自由に使えて便利です。

波千鳥 縁高

【象彦】

波千鳥 縁高
5,250円

波千鳥の絵柄がとてもかわいい。お菓子入れやお弁当としても。

桜 蓋朱青漆縁高

【象彦】

桜 蓋朱青漆縁高
5,880円

春らしい満開の桜模様が特徴!料理も華やかに彩ります。


梅型三段重

【漆器の井助】

梅型三段重
3,990円

金色の梅が上品なお重!溜色と鮮やかな朱色を選んでいただけます!


◆京都お勧め行楽地◆
・京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)
1924年(大正13)に開園。総面積24万平方mという全国有数の植物園。広大な園内には1万2000種、12万本の植物が植栽・展示されています。
日本最大級の回遊式温室には熱帯や亜熱帯の植物が栽培され、 2009年度の入園者数は77万人を超し、公立の総合植物園では4年連続日本一になりました。

京都府京都市左京区下鴨半木町 (地図を見る

京都市営地下鉄北山駅3番出口→徒歩すぐ
入園200円

・宝ヶ池公園(たからがいけこうえん)
宝暦13年(1763)に灌漑用の貯水池として作られた宝ヶ池を中心に、周辺一帯を整備した自然公園。野鳥や水鳥に出会うこともよくあり、緑と水に囲まれた公園です。

京都市左京区岩倉松ヶ崎 (地図を見る
地下鉄烏丸線「国際会館」駅下車すぐ、市バス「宝ヶ池公園北口」下車すぐ


お弁当を美味しくいただく

箸 漆切子

【漆器の井助】

箸 漆切子
1,575円

とても人気のあるおしゃれなお箸。持ちやすくプレゼントにも喜ばれます。

とんがり細箸

【東洋竹工】

とんがり細箸
577円

細身で使いやすいお箸。見た目もきれいな人気のお箸。

チューリップ箸 黄

【東洋竹工】

チューリップ箸 黄
399円

サイズが選べるのでお子様から大人まで使って頂けます!


スプーン 塗分け

【漆器の井助】

スプーン 塗分け
840円

木製なので金属と違い持ち手が熱くならず軽く使いやすい。人気商品!

木製フリーカップ 金線

【漆器の井助】

木製フリーカップ 金線
2,835円

すべりにくくなっているのでお子様にも。木の温もりを感じるカップ!

竹ロクロコップ 2段節

【東洋竹工】

竹ロクロコップ 2段節
1,260円

竹の素材をいかしたコップ!和を感じることができて落ち着きます。


《MAJIKAO》 友禅古柄ハンカチーフ / アンティークドール

【岡重】

《MAJIKAO》 友禅古柄ハンカチーフ / アンティークドール
1,575円

モダンでどこか懐かしい。お弁当箱を包んだりするのにもお勧めです。

香り抜群 宇治ほうじ茶【袋入】

【西出製茶場】

香り抜群 宇治ほうじ茶【袋入】
1,050円

原料を厳選したほうじ茶。お子様からお年寄りまで安心して飲めます。


京の食材を使ったおかず

京のおばんざい詰合せ

【ノムラフーズ】

京のおばんざい詰合せ
3,990円

”ほんまもん”の京都の味。京都の素材をいかしたおばんざい!

創作揚げ物詰合せ

【丸常蒲鉾店】

創作揚げ物詰合せ
3,129円

野菜がたっぷり入った手作りの天ぷら!おかずに嬉しい品です。

四季の箸

【六盛】

四季の箸
5,250円

ちりめん山椒、葉とうがらしなど8種類の詰め合わせ!白いご飯にぴったり。


おなす

【大藤】

おなす
525円

皮まで柔らかいおなす!昆布風味がよく効いています。

竹の子漬

【田辺宗】

竹の子漬
550円

実がしっかりと詰まった竹の子!薄味が京都らしい味わいの逸品。


春らしい桃色の卵焼き
◆桃色の卵焼き◆
<材料>
<卵/3個、桜でんぶ/15g、薄口しょうゆ/小さじ1と1/2、サラダ油/少々>
  1. ボウルに卵を割りほぐし、桜でんぶ・薄口しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
  2. 卵焼き用のフライパンを火にかける。サラダ油をペーパーで塗り、【1】の1/3量を流し入れ、箸で大きくかき混ぜる。半熟になったらフライパンを傾けて、向こう側に巻き寄せる。
  3. フライパンの空いたところにサラダ油を塗り、残りの【1】の1/4量を流し入れる。巻いた卵の手前を箸で持ち上げ、下にも卵液がいくようにする。卵が固まりはじめたら、向こう側から手前に巻く。
  4. 巻き終えたら、フライパンの空いたところに油を塗り、フライパンを傾けて卵を向こう側に寄せる。【3】の要領で、残りの卵液も焼く。
  5. 適当な大きさに切り分ける。

ページの先頭へ